憧れの女上司と 松ゆきの

價格 $30 保密發貨,放心購買
  • 僕の上司はお姉さん的な存在の松さん。いつも笑顔で僕に優しく接してくれる。僕の憧れの存在だった。今日は仕事が立て込んでしまい、松さんと残業する事になってしまった。仕事が終わったのはいいが終電の時間も過ぎていた。すると松さんが仕方がないから酒でも買ってこいと言い、僕はコンビニへ。お酒が進み、話は僕の彼女の話題に。実はしばらく前に僕は彼女と別れていて、松さんに別れた原因を追及されてしまった。理由が恥ずかしかったので答えをはぐらかしていたのだが、押し切られ僕の性欲のせいだと答えた。僕は何度も彼女に求めてしまい、彼女に愛想を尽かされた。そう言っているうちに松さんは酔っ払って寝てしまった。僕は水を飲みに席を立ち戻ってくると、松さんはスカートがはだけたまま寝ている。僕はつい出来心で彼女にキスをした。彼女のいい匂いに興奮した僕は服の上から愛撫を繰り返した。が、ふと我に帰り、彼女に上着を掛けた。次の日僕は松さんの顔をまともに見れなかった。そして数日して、また松さんと残業をすることになってしまい…。